一般的な葬儀の流れについて

大切な方が亡くなってしまった時は葬儀を行わなければなりません。しかし、葬儀は非日常的な催事であり、参列者として通夜や告別式に出席することはあっても、実際主催する立場になることは人生においてほとんど無く、実際どうすれば良いかわからないこと方も少なくありません。まずは一般的な葬儀の流れを知り、自分が主催をする立場になったら何をやるべきかを知ることは非常に重要なことと言えます。まずご臨終があり、翌日にはご自宅で御遺体の安置を行います。

葬儀社への手配はご臨終された当日か翌日までに行い、通夜や告別式などの各種打ち合わせを行います。会場が決まれば電話や招待状によって近い親族や友人への連絡、また、新聞社へお悔やみ欄に乗せてもらう手配も行います。ご自宅での安置は枕教をあげ、親戚の方や近所の方の弔問に応じるなどを行い一晩過ごします。その翌日に出棺となりますが、その際にお清めの儀式として、御遺体を洗浄しお化粧を施したり白装束に着替えさせたりします。

出棺の後は会場へ移動し、通夜を行いますが、儀式が始まるまでに喪主は司会者や僧侶の方、場受付をされる方と打ち合わせをするため、参列者への挨拶などは他の親族の方にお任せすると良いでしょう。通夜が終わると近い親族の方は通夜会場で一泊し、翌日の告別式を迎えます。告別式は午前中から始まり、読経と焼香を行い約1時間程度要します。告別式の最後には、喪主の挨拶があり、その後に棺桶に花を添える献花を行い、火葬場へ向けて出棺となります。

この段階で一般参列者は解散し、近い親族や友人だけが火葬場へ向かいます。火葬場では炉前で読経を行い、お昼ごろまでに火葬が終わります。その後に会場へ戻り、中陰法要や初七日法要を行うのが一般的となります。一般的な葬儀の流れは以上となり、通夜、告別式以外にも様々な法要があることを喪主になって初めて知る方も多いようです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.