近年注目されている散骨とは

近年では葬式や葬送などの方法も選べる時代となっています。通常では亡くなった後には火葬を行って遺骨をお墓に埋めますが、最近ではこのような固定観念にとらわれない散骨という方法が注目されているのです。この散骨とは自然葬などとも呼ばれており、火葬した後に遺骨を粉骨して故人が希望した場所に撒くという方法です。海や山、川、樹木などに撒くため自然に戻る、地球に帰るという考えから希望している人も増えています。

またそれだけでなく現代では都心などを中心にお墓を立てる土地がない、お墓を守ってくれる家族がいないなどの問題から散骨を考えている人もいるのです。散骨を行う際には必要な書類や許可などを取得する必要はないのですが、一般的なマナーを守ることが大切です。遺骨を撒くので人の目につかない場所を選んだり、他人の所有地などで行わないようにする、しっかりと粉骨するなど注意が必要です。最近では取扱っている業者がとても増えています。

粉骨からセレモニーまで全てを取りまとめてくれるので、初めてでも安心して利用する事ができるのです。やり方がわからない、どこに撒いていいのかわからない場合には業者を利用したほうが問題なく行うことができます。故人が生前海が好きだったという場合には船上という方法もあります。散骨はお墓持ち維持していく必要がなく、故人の最後の希望を尊重してあげる事ができるなど、様々なメリットがあるため注目されている方法なのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.